考える引き出し

小池みきがなんでも書くところ・タンゴ練習記録多め

表参道ブエノスアイレス・クリスマスミロンガ(ミロンガ13回目)

 タンゴざんまいの日。

 午後は、先輩ダンサーさん二人と別々にお茶。タンゴの話を中心にいろんな話を聞く。
 一人目の先輩が「サルサを踊る男の人は、タンゴを踊ると最初床が踏めないみたい」と言っていたことが印象に残った。私の知り合いにもサルサからタンゴにやってきた方がいて、彼もたしかに今「床を踏む」ことに苦戦している様子なのだ。サルサには、床を踏むことで相手にリードを伝える、という動きがないらしい。……ということは、タンゴをやっていた人がサルサをやると踏みすぎちゃうんだろうか? サルサ一度やってみたいな。

f:id:monokirk:20181222144246j:plain

 ↑ヤエチカ某カフェのアップルパイ。マヌエラ・ロッシさんも食べたんだそう。美味しかったけど重かった。

 二人目のダンサーYさんとは初対面。私の書いたアパートメントのタンゴ日記を読んで連絡をくれた方だ。ダンスのキャリアの長い方なので会う前は不安でいっぱいだったのだが、気さくにお話ししてくれてとても楽しかった。「小池さんの文章を読んでいると気持ちがいいんです」と言われ恥ずかしいやら嬉しいやら。
 ダンスの話だけじゃなくて、いろんなテーマについて考えるべき問いをいただいてしまった。あちらがどう感じたかはわからないけど、私にとってはとても意義深い会話になり、ただ感謝。

 でその後は、クリスチャン&ナオペアが代表をつとめる南青山・表参道のブエノスアイレスへ。エルネスト&パオラのミロンガ前レッスンを受ける。
 テーマはワルツ。フロアには上手い方ばかり。まあ私のレベルで行くレッスンではなかったかな。しかも、私は初めての場所・人・匂い・音などに過剰に緊張する体質なので、普段よりさらに体が硬くなってしまい本当にクソクソだった。ロベルトさんたちのところに行ったときも緊張で頭が真っ白だったし、アウェイな場所だと駄目みたい。もう少しうまくなるまでは、よそのレッスンは初心者向けを受けるかプライベートレッスンにしよう……。
 ミロンガも、全体的にベテランの方ばかりだった。男女比的には女性が圧倒的に多く、少人数の上手い男性が、上手い女性とがっつり踊るという雰囲気。上手い人だらけな上に女性は美女揃い。うーむ、これはやはり土地の持つ引力なのだろうか。
 残念ながらお誘いはなかなか受けられず、踊ったのは2タンダ。でも教室の先輩がいたのと、やはり私の記事を読んで連絡をくださっていた大先輩の女性・Sさんとも色々なお話ができて、楽しい時間を過ごせた。

 パフォーマンスは4組。クリスチャン&ナオ、ベルナルド&ユーコ、エルネスト&パオラ、エゼキエル&マナ。純粋な初見はエルネスト&パオラのみ。でも他の人たちのダンスも、こんなに至近距離で見たのは初めてだ。それぞれにとても良かった。
 エルネスト&パオラが「Este Es El Rey」で踊っていたのが嬉しかったな。最近この曲をよく聞くので。「エセナリオだけど、でもサロン的な踊り方ね」、とSさん。なるほど。

 帰り道、Yさんとの会話をずっと反芻。「書く」ということについてまっすぐ尋ねられたこと、真剣な顔で耳を傾けられたことを忘れないようにしたい。