考える引き出し

小池みきがなんでも書くところ・タンゴ練習記録多め

名誉の負傷(ミロンガ12回目)

 今日は五反田のE&Aミロンガへ2回目の突撃。ユージン先生・アリサ先生が踊るというのでいそいそと。実はまだ生で二人のちゃんとしたパフォーマンスを見たことがなかったのである。
 前回行ったときはすごく男性が多かった気がしたけど、今回は女性が多め。7人ほど誘ってくれて楽しく過ごせた。しかし、2時間のレッスンを受けた後のミロンガはさすがにちょっとハードだったかも。踊っていてだいぶヘロヘロしたので悔しい。

 今回デモを踊ったのは、ユージン先生たちのペアと、昨日会ったばかりのマーシー&マギ先生、そしてタンゲーラのミロンガで踊ってくださったセバスチャンさん。セバスチャンさんはよくタンゴのイベントの司会などしている方。ダンサーとして活動しているわけではないものの、ごくまれに人前で踊る機会を作るんだとか。
 トップバッターはそのセバスチャンさんたち。お相手は直前までシークレットで、現れたのはJoeTangoのMaikoさん。虎のマスクをかぶっての登場だったので皆湧く。
 私は、MaikoさんのダンスはJoeさんとの組み合わせか、あるいは発表会での生徒さんとのパフォーマンスしか見たことがなかったので、セバスチャンさんとのダンスは新鮮だった。セバスチャンさんの踊り方はあたたかくて見ていてほっこりする(踊ってもらうときもほっこりする)。Maikoさんもニコニコしていて可愛かった。ダンスって、相手が変わると雰囲気もまったく変わるよなあ、と改めて思う。
 マーシー先生たちはピアソラ。前に豊洲で見たのと同じパフォーマンス。前より近くで見られたので嬉しい。マギ先生のしなやかさが羨ましい……。
 最後がユージン先生たち。曲はロマンティカ・ミロンゲーラのBesos brujos。発売後、すぐ購入したお気に入りの曲だったのでとても気分が上がった。このノリノリな曲を、この二人で見られるなんてすごく嬉しい。
 二人の踊り方は粋。無理をしていなくて、だから表情にも動きにも余裕があって、音楽やその場の空気を楽しんでいるという感じがするのだ。可動域のいっぱい残された遊び心のあるあの雰囲気、いいなーと思う。
 アリサ先生は、真っ赤なドレスがとても似合っていた。踊りながら時々髪をかきあげる(演出として)のもイカす。ユージン先生はやはりあのフォルムが問答無用でカッコいい。強そう。

www.youtube.com

 そのユージン先生が踊ってくれたのも、今回のミロンガの良き思い出。ワルツのタンダで2曲……。アクセルさんのときといい、なぜ憧れのダンサーさんと踊るときにワルツに当たるんだろうか。
 まあでも、前に踊ってもらったときよりは断然マシな踊り方ができたと思う。ドキドキヒヤヒヤして足がもつれたりもしたけど、今回もおんぶにだっこで踊らせてもらった。ユージン先生からは「うん、ちゃんと(練習)やってるね! その調子で頑張って!」とのコメント。次に「あ〜、サボったねこれは」と言われないように練習を続けよう……。

 帰ったら、右足に新しい引っかき傷が大量にできていた。アクセルさんによればこれは「名誉の負傷」なんだそうだ。右足よ、もう少し耐えておくれ。