考える引き出し

小池みきがなんでも書くところ・タンゴ練習記録多め

そうめんうまい

日記ごときにタイトルはいらない気がしてきた。

noteの記事がかなり読まれたらしい。840スキ、という見たことのない数字が出ている。いろんな人が拡散してくれたらしくありがたい限り。最近連絡をとっていなかった知人からも読んだという連絡があった。

ちなみに、PVを見るとそんなにものすごい数ではなくて5万くらいだ。金融会社でWEBアナリストをしていた頃、ユーザーの直帰率(ページ開いて即帰る)がどれだけ多いかを数字で把握していただけに、「まあ、実際のところ最後まで読んだのは1000人くらいかな」と思っている。でも実質読んだのが何人だろうと、たくさんもらった「書いてくれてありがとう」というメッセージの数は変わらない。その人達の気が少しでもはれたのなら、それだけで万々歳だ。

私は自分をフォローしている人からの通知しか受け取らないようにしているので、その外で誰がどんなふうに記事について言っているのかは知らない。はてなのブクマコメントなんかも、どうせボロカス言われてるんだろうからと思って絶対に見ないようにしている。しかしそれでも人が「この人がRTしていた」とわざわざお知らせくださったりするのでいくらかは外の反応も知った。「この人にRTされているよ、すごいね」という連絡をもらって見たアカウントが誰かわからず、正体について聞き返すという間抜けなプレイをしたりもした。一番びっくりしたのは、ラサール石井さんがシェアしてくれていたことである。私と彼との間に接点が生まれるとは思わなかった。長く生きるといろんなことがあるな。

で、そんなこととは関係なく、今日も一日じゅう仕事をしていた。午前中にエッセイを仕上げ、午後は3時間くらいかけて対談原稿4500字を仕上げ、その後も大勢に出していたアンケートの回答の編集などをコツコツやる。自画自賛だけど、対談原稿の編集はだいぶうまくなってきた気がする……。

夜、外に何か食べに行こうかと思ったが、家に半田手延べそうめんがあるのを思い出してやめた。買い出しをし(半日冷房を浴びてから外に出ると衝撃がすごい)、具沢山のつけめんを作って、テレビを見ながら食べた。ピーマンとナスと豚こまを炒めたものをストレート汁に入れて、シソと七味を大量にかけてずるずる。大変うまい。

若い水泳選手が、「隣のレーンの水泳選手の生み出す波に乗って、体力を温存しながら前に進んだ」という話をしていてびっくり。そんなこと可能なんだ。それに対して別の誰かが、「船を出しているときにイルカが寄ってくるのは、船の作り出す波に乗って遊んでいるからですよ」というエピソードを話していてますます驚く。イルカって波乗りして遊ぶのか。かわいい。

一番厳しいところは乗り越えたので、明日から3日くらいは別の仕事に集中できる、たぶん。9月からの連載のための資料を読み込めていないのでそれが気がかり。ラジオも早く始めたいんだけど。

朝 ごはん 目玉焼き二つ 納豆 ピーマン三つ炒め(多かった) ミニトマト5粒くらい(多かった)
夜 半田手延そうめん(うまい) ナス・ピーマン・豚こま炒めをいれたつけ汁