考える引き出し

小池みきがなんでも書くところ・タンゴ練習記録多め

妹といっしょ。

昨日は夜中の3時半ごろまで原稿をしていた。が、納得できずボツにする。

4時前に寝て、今日は11時前くらいに起床(ひどいな)。原稿をしまくったあとはひどくリアルな夢を見る。今回見たのは、ひとつは、私が話している最中にわりこんできて自分の話を始めた女性に、「どうして私が話しているのに自分の話を始めるんですか? なんでそれをしていいと思ってるんですか? 不愉快なんですが」とはっきり言い、女性が「……代理店側の人間だから」と気まずそうに返してくるというもの。そしてもうひとつは、タンゴ教室の知り合いのおじさまに「君は見たものをちっとも覚えていない、良い加減なことを言っているだろう」と糾弾されるという夢だった。前半はすっきりし、後半にはドッキリした。気を引き締めて生きていきたい……。

で、起きて五秒後には椅子に座り、原稿。集中したので3時間ほどで仕上げることができた。書き直してよかった。いまの方がずっといい。

夜は、昨日から泊まりに来ている妹とハンバーグ屋で食事。向こうはハンバーグセット、私はステーキ丼を食べる。

妹が営業トークが苦手で悩んでいると言うので、私流の口八丁手八丁メソッドについて話したらなんだか感心された。

妹「みきは昔からそういうのが得意だったよね。私は苦手」
私「小池家で、そういうのが得意なのは父と私と弟だな。自分に酔うタイプだし、ハッタリ利かすのも嫌いじゃない」
妹「母と私は無理だね。裏表がなくて素直だから」

小池家は、素直組と陶酔組に分かれるのであった。

帰宅後、妹が買ってきた、去年のセクゾのソロコンDVDを一緒に鑑賞。私はセクゾの面々には詳しくないのだが、妹が詳細に解説してくれるので面白く観た。みんな個性豊かでかわいい。ちょっと目を離した隙に、マリウスがめちゃくちゃでっかくなっていたのでたまげた。DVD収録当時17歳ということだけどもう大人の男だわ……いつまでも可愛い子扱いの演出をしていてはいかん気がする。

佐藤勝利くんはとにかく顔が美しく、オーラがある。腰から下が細いのが残念だと言ったら、「天がそこだけは与えなかったんだよ……」と妹。菊池風磨くんはとてもつるつるしていてかわいく、おしゃれだった。中島健人くんはなんだかキャラが面白かったので、言いたいことを言いまくってしまった。

私「なんかちょっと縮尺を変えた斎藤工みたいなんだけど」
妹「それみんな言ってる」

私「この子は首が短いから丸襟のシャツを着ているべきだな、冨樫の描く昔のイラストみたいなビジュアル」
妹「中島くん、幽遊白書めっちゃ好きだよ」

私「顔のレイヤーがめっちゃ前にある気がする」
妹「間近で見たことがあるけど実際顔がとにかく濃かったです」

私「うまくいけば東山紀之みたいになりそう」
妹「中島くんめっちゃ東山リスペクトなんだよ」

中島くん、持っているデータが全てオーラに顕在化しているのでは……。

で、松島聡くんは普通にめちゃくちゃ上手い子だと思った。しかし、それを言ったら妹が死ぬほど暗い顔をする。

「私も松島がダントツで技術的には高いと思っているんだけど、彼はマーケティングの関係で『歌もダンスも下手なヘタレ』キャラにされてるんだよね……」

いやいやこれで歌もダンスも下手設定っておかしいのでは??? と思ったのだが、ともあれ松島くんのことはそのように扱うある種の文化が定着しているらしく、もうどうしようもないんだそうだ。ジャニーズ界はよくわからぬ。

妹は、全国トップレベルのブラスバンド部で超スパルタ練習を生き抜いてきた元クラリネット吹きで、音楽に対する造詣がなかなか深い。そんな彼女が言うには、松島のリズムの取り方は裏拍寄りで、ジャニーズとしては珍しいタイプなんだそうだ。

で、いまは夜行バスに乗るという妹を見送って帰ってきたところである。妹は基本的に私に対して塩対応なのだが、ときどき「お前のことは認めている」的な発言があるので面白い。

今回言われて嬉しかったこと。

「教える仕事をした方がいいと思う。みきは昔から説得力があるよね。自分がやってきたことしか言わないから」

その妹の言葉に、私は説得力を感じるのであった。認めてもらえるのは嬉しい。教える仕事。ゆくゆくはチャレンジしてみたい。

 

朝 ミニトマトとゆで卵、ブロッコリーのサラダ 納豆
昼 蒸しパン ケンタッキーのナゲット
夜 ステーキ丼