考える引き出し

小池みきがなんでも書くところ・タンゴ練習記録多め

カミナータはたのしい(レッスン20回目)

とうとうレッスン20回目。

今日は前半のみで6人。友達のWEBマーケター、中島なかじちゃんを体験に引っ張り込んでのレッスンでした。

 

今日は前半、「コンビネーションをやります」ということで「後ろオーチョ→パラーダ→右回りのヒーロ」のセットと、「サリダ→前オーチョ→アメリカーナ→左回りのヒーロ」のセットを練習。

アメリカーナの解説、初めて聞けた。20回通って、3、4回目のフリーダンスからガンガン出現していたアメリカーナ。ユージン先生たちの動画で見て知ってはいたけど、やっとうちの男先生から教えてもらえたわい。

男先生から指導されたのは「床をもっと軽く踏むこと」と、アメリカーナに入るオーチョをボレオのときくらいなめらかにすること。でも「欲を言うならこう」という言い方だったところを見ると、最低限のところはクリアしていたっぽい。右手のテンションを注意されなくなってきたぞ……!

そのあと、女性同士でのカミナータのリード・フォロー練習もした。女先生と組んでリードをやったとき、自分なりにインテンションに気をつけてやっていったら「うん、みきさん上手ですよ。ちゃんと胸の中心点を離さないで動けていましたね」と笑顔で言われたので超舞い上がった。嬉しい。カミナータの練習をしていた甲斐があった。

シュートの練習を楽しむ桜木花道がごとく、私はカミナータとオーチョの練習を楽しんでいる。瞑想っぽくて心が落ち着くのである。毎日やりたいし、教室でやるときもかなり集中できていると思う。この間、重りベルトを腰に巻いてみたおかげでなんとなく理想の状態はイメージできるようになって、不安定だった後ろオーチョでもコケなくなってきた。あとは胸の位置を動かさないこと、右肩を開かないこと、床を軽く踏むことが大きな課題。毎日初心にかえろう。

男先生とのフリーダンスでは、踏み足に気を取られて出だしミスったものの、あとはそこそこついて行けた。今日はあんまり緊張しなくて、すこーし楽しむ余裕があった。ボレオのときに先生がうんうんと頷いているのが見えたので、たぶん前よりできるようになってきたのだと思う。連続オーチョのリードをとらえられなかったのが失点。「こちらの足の動きに惑わされないようにね」とのアドバイス。もっと純粋に体重移動の導きを信じよう。

 

レッスン後、中島さんに「みきさんが描いた先生たちのイラストを見て、『女の先生の絵がディズニープリンセスっぽい』と思っていたんですけど、実際にディズニーっぽい人だったのでなるほどと思いました。きゅるんってしててかわいいですね……」と言われてムフフフとなる。そーなの。うちの先生たちどっちもかわいいんだよ……。