考える引き出し

小池みきがなんでも書くところ・タンゴ練習記録多め

初ミロンガ

初ミロンガ。いや〜楽しかった。最高に楽しかった。こんなに心の底から浮かれ楽しかったのは久しぶり。

実を言うと、自分の踊りが通用するのか、相手を不快にさせないか、行くまではものすごく心配だった。このまま正気では踊っていられねえと思い、会場に着いてすぐにワインをガブガブ飲んだくらい。これがよかったらしく、後はもう勢いで踊りまくれた。

ミロンガがどう楽しかったかについては、アパートメントのコラムで書くつもりなので割愛。

 

覚えているうちに反省メモ。

・タンゴ曲はいいがミロンガ曲にまったく対応できない。
・左脚をはねあげられるサカーダができない(ユージン&アリサ先生のところで、解説を見るだけは見ていたからよかった〜〜〜)。
・逆パラーダが全然できない。
・深く抱きしめられたときにやっぱり抵抗してしまう。腰が反り、軸がぶれるので終わった後背中や腰が痛くなる。
・オーチョやメディオヒーロのときに胸をちゃんと相手に向けているかどうかチェックするのを忘れた。たぶんできてない。
・フォローがまだ早いみたい(踊り相手の一人に言われた)。

よかったこと

・後ろオーチョは、大抵のひとがかなり多用するということがわかった。もっとうまくできるようになろう。
・なんとなくだけどアドルノを入れられた。
・ヒーロは落ち着いてできる。
・あからさまに踊りたそうにしていれば男の人はガンガン誘ってくる。

終わった後、うちの教室の先生たちとも話せた。


女先生「見てたよ〜、すごいたくさん踊ってたね〜」
男先生「いつものレッスンの様子からするともっと消極的かと思ってたんだけど、意外とガンガンいってて驚いた(※私はレッスン中いつも、黙っておどおどしているか黙ってニヤニヤしているかのどちらかである)」
小池「死ぬほど緊張していたので、最初にワインをしこたま飲んで、『来い!!』という気持ちでいたらなんとかなりました」
男先生「……みきさんてそういうとこありますよね……」


むしろそういうところしかないです。
 

4時間踊るとさすがに疲れる。腰が痛いので今日は早く寝る。