考える引き出し

小池みきがなんでも書くところ・タンゴ練習記録多め

ベストな朝食

朝に何を食べるのがベストか、ということに3万年悩み続けてきたわけだが、とうとうひとつの答えについにたどり着いたかもしれない。

かなりいろんなものを試したのち、ベビーチーズとプチトマト、ゆでたまごをそれぞれ一口サイズに切ってオリーブオイルと塩胡椒で食べる、というのがかなりGOODだという結論に達した。酒の席の前菜じゃないか、という内容だがボリュームはあるし、胃にもたれないし、ここに納豆や蒸したブロッコリーなどちょっとおまけをつけるだけで腹持ちもしてくれる。できればアボカドも入れたいな。オリーブオイルと塩はすでに高級品を使っているので、あとはあらびきコショウのいいやつを買ってくれば、多少素材に難ありでもごまかせる気がする。

ここまで長かった……グルテンフリーを模索して、高い米粉パンを取り寄せたりもしていたのだ。

 今日は6時起床で仕事。昼に1時間だけJ社の原稿の文字校正。午後は夕方までまた別件仕事をし、16時半に郵便局へダッシュ。J社の原稿をレターパックで送るため。混雑している郵便局の片隅で250Pぶんの原稿を広げ、延々付箋をはりつける作業で(冷)汗を流した。

17時に一旦すべての仕事から解放され脱力。電車の中で5分ほど寝落ちした。

19時からのタンゴレッスンに備えてルノアールで休憩。疲れ果てていたので、砂糖をたっぷりいれた紅茶を飲み、熱いバタートーストでも食べたい気持ちが盛り上がる。でも我慢した。寝不足の体とボロボロの脳みそに砂糖と小麦粉をつっこんだら、完全にバカになって踊るどころじゃなくなると思ったのである。こういう我慢ができるようになった理由は

①30代に入って、自分を制する力がようやく育った
②30代に入って、グルテンと砂糖に抗う体力を失った

のどちらだろうか……。

21時にレッスン終了。やれていない仕事はいくつかあるが緊急ではないのですべて先送り。

編集Sから「編集長が小池さんの原稿を褒めていた」という連絡がきてガッツポーズ。明日も頑張るぞ。

 

朝 チーズとプチトマトとゆでたまごのサラダ

昼 ごはん ポークひき肉のケチャップ炒め+温泉卵(めちゃうま) ズッキーニのマリネ

夜 あられ(ひどい)