考える引き出し

小池みきがなんでも書くところ・タンゴ練習記録多め

【タンゴメモ】クイア・タンゴについてのリンク集(ニュースサイト、動画、インスタアカウント・ほぼ自分用)

タンゴの世界はどうしてもジェンダーバイナリズムが強めだと思う。男女が役割を交換することはまず(そこにセクシャルな意味があろうとなかろうと)ないし、同性同士がセクシーに踊るという場面もなかなか見ない。

「タンゴはもともと男同士で踊られていたダンスだった」という話もあるけど、それはセクシーな踊りではなかったはずで、いま名を知られている男性同士のペアも血を分けた兄弟だったりする。タンゴが成立した時代・土地のジェンダー観と歌の世界観、踊りのルールががっちり融合しているので、このシステム自体を解体していくという方向には今後も行かなそう。

ただ、それでも2010年代現在、クイアな挑戦をしている人たちは増えているようだ。タンゴをはじめて以来、「異性愛者男女カップル以外」のタンゴ動画やイベントもこつこつ探していて、海外にならいくつか事例を見つけることができている。

この領域についてはもっと調べていきたいし、可能な限り紹介していきたい。いろんな人が楽しめたらいいなーと思う。私個人はシスヘテロ的な世界観で踊るのが今のところは楽しいけれど、男同士、女同士、子ども同士、大人と子ども、いろんな組み合わせの踊りを見てみたい。

 

情報サイトなど

クイア・タンゴ wikipedia(英語)

 かなり充実した内容。なんとなくしか読めていないのでもうちょっと細かく読まねば……。

・「クイア・タンゴ・プロジェクト」

クイアなタンゴのニュースがたくさん集められているサイト。

queertangobook.org

 

クイアなタンゴ動画

女性がリードし、男性がフォローしているタンゴ動画。


Fernando Sánchez y Ariadna Naveira bailando un tango en La Marshall

男性同士のセクシータンゴ


Miguel y Augusto -en La Marshall-

人気タンゴユニットOrquesta Romantica Milongueraによる、クイアなタンゴカップルが出てくるPV


Tango Bardo con Juampy Ramirez y Daniel Arroyo Miranda - El Puntazo

 

多様なカップルのダンス写真が観られるインスタグラムアカウント

↓おすすめ。いい写真がいっぱい。

www.instagram.com

www.instagram.com

日本では?

LGBTs向けのタンゴイベントというのは、最近は特に開催されていないらしい。数年前に2丁目で開催されたことはあったみたい。

ただ、恵比寿にある「JOE TANGO」さんという教室が、サイトにLGBTフレンドリーのバナーをつけていた。実際に、セクシュアルマイノリティがどのようにレッスンを受けることが可能なのかわかるといいんだけども。

www.joetango.com

 

そういえば、今度在日アルゼンチン共和国大使館が後援になって開催されるタンゴフェスにも「レインボーナイト」というのがある。しかしこれがLGBTsフレンドリーという意味のレインボーナイトなのかどうか、チラシだけ見ても全然わからないのでありました……(タンゴに限らず、ダンスイベントのチラシは初心者に厳しい)。

 

今のところはこんな感じ。また見つけたら追加していこう。

 

twitterで「queer tango」を検索していると、タンゴの世界にも多様化の波は少しずつ打ち寄せているのかなと感じる。先述の Orquesta Romantica Milongueraなんかも、タンゴらしいムードはかもしつつもなんとなくユニセックスというか、ジェンダーフリーっぽい空気が漂ってるし。21世紀感があるよなと(にしてもWEB情報少ない)

こういう流れは、本当にこの数年で加速したものらしい。中山可穂も、10年前に刊行した単行本の『サイゴン・タンゴ・カフェ』のあとがきでだったか、「ブエノスアイレスにも、ゲイ同士が踊れるミロンガはあってもレズビアンが踊れる場所はなかった」みたいなことを書いていたような(うろ覚え)。

 

タンゴダンスの基本思想は二項対立だと思うけど、それは「役割の分配」であって、今となっては、セックスとしてのジェンダーを必ず基盤にしなきゃいけないものでもない、ような気がする(いやわからん、こんなことを言うと古いファンに激怒されてしまうのかもしれない)。

この「役割」という言葉は尊敬する編集者さんが言ってくれた言葉。「お互いの役割をまっとうする」ということができるなら、どういう性や年齢の掛け合わせでも面白いダンスになるんじゃないだろうかと。それが「20世紀アルゼンチンタンゴ」的な世界からほんの少しずれるとしても。……とまあ、素人考えです。ともあれいろいろ見て勉強していこうっと。